歯周病について

歯周病について

 

歯周病の治療は虫歯とは違って歯科医が削って詰めておしまいというものではありません。歯周病に特効薬はなく、患者が治療に参加しようという姿勢がないと治らない病気です。歯周病と言うと歯周病菌が引き起こす細菌因子と思いがちですが、偏食、咀嚼回数、喫煙などの生活習、慣頑張りすぎや経済状況、人間関係などの精神的なストレスも大きく関係していることが分かってきています。 歯周病の直接の原因ではありませんが、歯軋りや噛み締めなど、歯肉に過度の負担をかける力の因子も 歯周病を進行させる原因であります 。歯周病を予防し治療する最も効果的な方法はブラッシングです。デンマークの歯周病学の教授の実験では、12人の学生を10日間ほど歯磨きさせないでいると、全員に歯周炎の歯肉炎の発症が確認されました。そしてブラッシングを再開したところ23日で元の健康な歯に口に戻ったということです。 プラークは水や薬液洗浄では除去できません。歯ブラシでしっかりと磨き落とす必要があります。 プラーク内に繁殖する歯周病菌は酸素を嫌う嫌気性菌である歯周ポケットが深くなり、プラークが除去しにくい場合でも突っ込み震わせ磨きで歯周ポケット内をブラシでかき回し空気を切る送り込むイメージでブラシを動かすのが効果的です 。ブラッシングの原則は痛くせず出血させないことです。ブラッシングのタイミングや回数にはこだわらなくても良いのですが、理想は朝と晩にフォーンズを突っ込み、震わせ磨きをそれぞれ5分ずつです。 1日5分は長いと感じるかもしれませんが、入浴時湯船に浸かっている時などを利用するのも良いでしょう。 歯肉の腫れは歯周病菌の侵入を防ぐ白血球を郵送させるために起こります。その時に免疫システムの誤作動が起こると 歯槽骨が溶けてしまいます。晴れている場合は柔らかい毛先のブラシで痛くないように丁寧に磨いていると数日で腫れが引いていきます。腫れがひくと歯の根元が現れ歯が長くなったようになるので不安になりますが、続けてしっかり磨いていれば健康な歯に来の携帯を取り戻します。 プラークが石灰化した歯石は歯周病の原因ではありませんが、歯石にはプラークが付着しやすいので定期的に司会で取り除いてもらいましょう。歯周病が進行すると歯がグラグラと同様し最後は抜けてしまいます。抜けてわかる歯のないもどかしさ取り返しのつかなくなる前に正しいブラッシングの習慣を身につけましょう。 口の中に残った食べかすや汚れは、 プラークが増える元になり虫歯や歯周病リスクを高めてしまいます。日本では歯磨きをしない人はほとんどいません。しかし歯周病などのトラブルがなくならないのはポイントがずれているからです。 歯の健康を保つためにはブラッシングはもちろん重要ですが、歯と歯が重なった部分や汚れが残りやすい歯と歯の間のケアに力を入れ水圧によって汚れを落とすことが効果的なケースもあります。 歯科診療中にうがいをしてもらうと口をさらっとゆすぐだけなど、皆さんが思っている以上に正しいうがいができる人は少ないです。歯医者にかかる直前に歯を磨いていても、うがいが不十分で歯磨き粉がべったりと歯に残っているのもよく見かけます 。そもそも正しいうがいの方法は学校でも教えてもらうことがないと思います。最近は研磨剤入りの歯磨き粉で強く磨きすぎて、歯が削れたり歯ブラシで歯茎を傷つけるオーバートリートメントも問題になっています。 高速ぶくぶくうがいは歯と歯茎にも優しい方法です。歯に水をぶつけて歯と歯の間に水を通しながら汚れとバイ菌を除去します。そして虫歯や歯周病を予防します。 それはオーラルフレイル口腔機能の老化は全身の衰えに直結します。高速ブクブクうがいは口の周りの筋肉を鍛えることで、顔のアンチングアンチエイジング効果が期待できます。下の筋肉も鍛え 誤嚥や滑舌の衰えを防ぐ高校機能訓練としても大きな効果があります。

歯周病と入れ歯について

 

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。総入れ歯は全ての歯を失った場合に使います。歯間入れ歯は失った歯の周りにある健康な歯に金具をかけて、失った歯の部分に人工の歯を装着します。失った歯の本数や歯並びに合わせて作ることができます。初めて入れ歯を使った時に違和感があっても多くの場合は23週間ほどで慣れて違和感は解消します。しかし違和感がずっと続く場合や長年入れ歯を使っていて最近になって違和感が出てきたというような場合は、入れ歯が合っていない可能性があります。 合わない入れ歯を使い続けていると残っている歯に過剰な負担がかかり、残っている端まで失ってしまう恐れがあります。また入れ歯が当たって粘膜が傷つくことなど義歯性口内炎を発症します。 顎の関節にも負担がかかり痛みを伴う顎関節症が起こることもありますが、顎関節症が進むと耳鳴りや耳の痛みなども現れるようになります。さらに合わない入れ歯が刺激となって歯茎の骨が溶けていき歯茎の粘膜がこんにゃくのように柔らかくなってしまいます。このような状態になると入れ歯を安定させることは難しくなります。自分の入れ歯が合っているかどうかセルフチェックで確かめてみましょう。 加齢とともに上顎や下顎はすり減っていくという傾向があります。顎の形が変化すると入れ歯が合わなくなってきます 。長年使い続けていると特に部分入れ歯の金具の部分が変形し緩んでしまうことがあります。 部分入れ歯の金具がかかっている歯の周囲に歯周病が起こると歯がぐらついている入れ歯をしっかり支えられなくなります。 加齢に伴って唾液の分泌機能は低下します。唾液の量が少ないと入れ歯が顎や歯茎に十分に吸い付かず安定しません。また唾液には粘膜を保護する作用があるので、唾液の分泌量が減少すると入れ歯が口の中で動いた時に粘膜が傷つきやすくなります 。噛み合わせが悪い場合や入れ歯の大きさが合わない場合は、入れ歯のプラスチック製の床の一部を削ったり逆に素材を足したりするなどして調整をします。 調整に使う素材にはいくつかのタイプがありますが、1人1人の顎の状態に合わせて選ばれます。患者さんの中には違和感を減らすために入れ歯を小さめのものにしたいと考える人がいますが、入れ歯は大きさがきちんとあっていることが基本です。歯科医師の指導に従ってください。歯茎の粘膜がこんにゃくのように柔らかくなってしまった場合は、一定期間入れ歯の内側に滑らかの素材を入れておき粘膜が回復して硬くなるのを待ちます。これを粘膜調整と言います。個人差はありますが通常は数週間かけて行われます。粘膜が良い状態になったら入れ歯の 調整をしたり場合によっては新しい入れ歯を作ったりします。入れ歯は使っているうちに不具合が生じた場合その都度調整していく必要があります。多少の不快感や不便は仕方ないと考えず、治療後しばらくは定期的に受診し点検や調整を受けていればを自分に合わせていくことが大切です。 健康 保険 が適用される入れ歯は床がプラスチック製ですが、床が金属製の入れ歯は全額自己負担になります。金属製は費用は高くなりますが薄く形状も自由に作ることができ違和感が少ないのが特徴です。最近登場したマグネットデンチャーというタイプの入れ歯は小型の磁石で入れ歯を安定させるものです。比較的小さく部分入れ歯でも大きな金具を使う必要がありません。

スターホワイトニングの口コミを実際に体験してきた