歯科医師の現状

歯科医師の現状

 

歯科診療所の数はコンビニの店舗数よりも多いのをご存知でしょうか。自宅や会社の近所のことを思い浮かべて納得のいく人が少なくないと思います。 この現象は今に始まったことではなく、 かなり前からの事実であります。1993年の時点で歯科診療所は55906箇所 、22852点のコンビニの2倍以上もありました。 その差は縮まりつつありますが、2017年時点でコンビニより10653箇所多いのがデータとしてあります 。コンビニ業界と同様に歯科診療所の世界でも激しいサバイバル競争が繰り広げられていることが想像できます。 歯科医師の数は10万人の大台を12年に突破し 、すでに飽和状態この世界での常識となりつつあります。 歯科診療医療費は 2兆円代後半で伸び悩み続けています 。子供たちの虫歯の虫歯にかかっている率は、減少の一途で患者数の像=市場規模拡大というわけにはいきません。経営は厳しく将来展望を見出せないとのため息が聞こえてくるのも仕方がないことだと思います 。当然競争から脱落した歯科診療所は姿を消すことになります 。その厳しい現状を示したものが、2007年までは恒常的に開設や再開が廃止休止を上回っていましたが、2008年以降は後者が前者を上回る逆転現象を引き起こすようになっています。 17年時点で廃止休止した歯科診療所の数を単純に365日で割ると1日あたり5.9箇所の歯科診療所が潰れている計算になります。 多額の負債が残り破産民事再生といった法的整理を余儀なくされる歯科診療所も出てきます 。帝国データバンクの調査によると2018年のその数は23件で過去最高を記録しました。 情報部によるとと歯科医師の間でショッキングな数字として捉えられ、今後も増加するのではないかと懸念されています 。歯科診療所の経営の実態を示したものがサンプル調査をもとに診療所あたりの損益構造を示したものになります 。調査に協力した歯科診療所は経営に自身のある所が多いことが推測され、保険診療並びに自由診療で収益を伸ばしています。しかし歯科衛生士の給与や家賃などの経費の負担が膨らみ勝ち組に見えるこうした歯科診療所においても、利益はジリ貧傾向にあり競争は厳しさを増しています。 過当競争の中生き残りのため戦略的経営を余儀なくされる歯科業界、 職人的な医者のイメージとは程遠く経営コンサルを受け SEO 対策に躍起になる歯科医も少なくないようですが、一方でそんな業界の風潮の中昔ながらの方法で細々と診療を続ける地方視界も存在します。 関西地方にある人口14万人の小さな地方都市、この家で26年前に開業し歯科医院を営んできた方に話を聞きました。 世間では歯科医院が増えすぎて国が歯科医師抑制政策を行っているくらいですが、ここでそんな時間はありません。市内では過去6年間に8件もの歯科医院が開院し新規開業は一軒もないという状況でむしろ医院は年々減っています。ここは世間の流れに逆行した場所だと思っています。寂しいことですが当院の半径1 km 以内でもここ2年間で2件の歯科医院が閉院しました。その影響で当院には新規の患者さんが急上昇しています 。現在1ヶ月の患者数は210から260人ほど患者さんが増えるのはありがたいことでですが、最近は視力が下がり1日に沢山の患者さんを見ることができなくなりました。そのため営業日数を増やしてなんとかこなしています。もう50代も半ばなので体力的にきつい時もありますが、月曜日から土曜日まで週6日間フルタイムで診療しています。最近は10分刻みで予約を入れる歯科医院もあるようですが、私は患者さんには時間をかけて誠実に向き合いたいと思っています 。その結果長時間仕事に従事することになるわけですが、歯科医としてこの姿勢を崩すつもりは絶対にありません。

歯科医の会計事情

 

会計に馴染みのない方から見ればこれだけ審査信用していればさぞ利益が出ているんだろうなと思う方もいるかもしれませんが、実は収益はトントンです保険診療費が安すぎるため私がフル回転しても利益はほとんど出ないのです。収入は委員の維持費と家族の生活費でほとんどが消えます。 現在の仕掛けはどのようにして生き残っていくのか というサバイバルな状態にあります。 今までのように患者数に対して歯科医師会歯の数が適切であればあまり配慮せずとも経営は可能でした。立地や宣伝に力を入れず患者が来るので 誰がやっても成功するビジネスでした。しかし歯科医師が増加し競争が始まって現在は駅前や幹線道路から離れたアクセスの悪いインは淘汰される時代、特に誰がやっても成功する時代の医院は自宅兼医院を立て集客よりも自宅の住みやすさを重視している場合も多く厳しい状況に勅命していると思います 。歯科は眼科や皮膚科よりも一人当たりの診療時間が長くなることも経営が行き詰まり一員となっています。歯科の診療時間は平均して約30分これでは多くても1日に1時間に34人1日30人程度の患者しか見ることができません。効率化のために診療診療代を増やしてスタッフを雇い並行して診察することがセオリーですが、先述のような昔ながらの歯医者ではスタッフはほとんど雇わず一から一人二人で実務を行うことも多く必然的に収入は頭打ちになってきます。 効率化のためにはスタッフを雇うことが必須となりますが医院に対して歯科衛生士の数は足りていないため、雇いたくても雇えない状況です。例えば都内で新卒未経験のスタッフを採用するのに月給25万円時給1800円という条件を出しても応募は0ということも珍しくはありません。専用の求人サイトにつき10万円前後を支払って広告を出し、1000円ほどかかるスカウトメールを送ってようやくスタッフが来るか来ないかそんな状況にあります 。歯科医師が歯科衛生士に頭を下げているという現象が起きているのです。今後はさらにこういった現象が加速し人材採用を制する者が歯科経営で成功する状況になると私は読んでいます。ですが苦労してもスタッフを雇えるならまだいい方で、1日フル稼働して診察した医師は肉体的にも精神的にも疲労しており、条件を練って求人を出すという作業までは手が回らないのが現状となります。

スターホワイトニングの口コミを実際に体験してきた